遺言書作成の専門相談窓口|静岡市、浜松市(遺言書チェック全国対応)

遺言書は封筒に入れるべき?封筒なしだと無効?書き方も解説!

 

遺言書を作成される方は増加傾向にありますが、果たして遺言書は封筒に入れるべきなのか、それとも紙のまま保管で大丈夫なのか、この辺りを解説していきます。

 

また、遺言書を入れた封筒の書き方についてもご紹介していきます。

 

自筆証書遺言の書き方、要件について

今回この記事でご説明する遺言書を封筒に入れるべきか?というのは自筆証書遺言の管理において問題になるテーマです。

 

まず自筆証書遺言の書き方、有効となる要件をご存知ない方は、そちらからご理解されることをお勧めします。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

自筆証書遺言とは?書き方・要件・訂正方法

 

 

結論:遺言書は封筒に入れずとも有効です

 

結論として、作成された自筆証書遺言は封筒に入れて保管せずとも有効です。つまり、証書(紙)だけの状態で保管しておいても問題ないということです。

 

自筆証書遺言の要件とは、全文、日付、氏名が自書されており、押印があれば良く、封筒に入れるまでは要件ではないからです。

 

以下の条文をご覧ください。自筆証書遺言についての規定です。

 

(自筆証書遺言)

第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、自筆証書にこれと一体のものとして相続財産(第九百九十七条第一項に規定する場合における同項に規定する権利を含む。)の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを要しない。この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自書によらない記載がその両面にある場合にあっては、その両面)に署名し、印を押さなければならない。
3 自筆証書(前項の目録を含む。)中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

(出典:e-gov-民法)

 

条文を見ると少し難しいかもしれませんが、封筒に入れなければ無効となるような記載はどこにもありません。

 

遺言書を「封筒なし」で保管するのは避けましょう

 

自筆証書遺言に限っては、封筒に入れなくても有効だとご説明しましたが、それでもやはり封筒に入れて保管すべきとお伝えします。

 

遺言書を封筒に入れ、しっかり糊付けし、封印をして保管することで、次のようなメリットがあるからです。

 

遺言書を封筒に入れ封印して保管するメリット

  • 遺言書の証書の劣化を防げる
  • 悪意の第三者に中身を偽造、変造される危険が少なくなる
  • 遺言内容に納得できない相続人に勝手に破棄される危険が少なくなる

上記のとおり、遺言書を封筒に入れて糊付けし、封印をしておくことでより安全に遺言を保管することが可能となります。

 

封筒の糊付けは、固形のり(スティックのり)ではなく、アラビックヤマトのような液体のりを使用すると良いです。また糊付けせずにセロテープでとめるのは絶対に止めましょう。テープでは簡単に剥がせてしまうからです。

 

遺言書を入れた封筒の見本(書き方)

以下に遺言書を入れた封筒の見本をご紹介します。封筒の記載事項にご注目ください。

 

 

封筒の表面には「遺言書」と記載します。裏面は次のとおり記載しましょう。

 

  • 家庭裁判所での検認を受けるまで開封しない旨
  • 遺言書作成日と遺言者の氏名

 

封筒の糊付けと封印も忘れないでください。封印に使う印章は、遺言書の本文に署名、押印したときの印章を使いましょう。

 

相続人向け:遺言書が封印されていたら、検認まで開封しないこと

 

被相続人の相続が開始し、遺言書を発見された相続人向けの内容となります。

 

もしも発見した遺言書が封筒に入れられ、さらに「封印」がされていた場合、家庭裁判所での検認まで絶対に開封しないでください。

 

封印のある遺言書(封筒)は、検認まで勝手に開封してはいけない決まりがあるのです。これを守らないと、過料に処されることがあるので注意が必要です。

 

(遺言書の検認)

第千四条 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
2 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
3 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。
(過料)
第千五条 前条の規定により遺言書を提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、又は家庭裁判所外においてその開封をした者は、五万円以下の過料に処する

(出典:e-gov-民法)

 

まとめ

以上、自筆証書遺言は封筒に入れるべきか、についてでした。作成した遺言書は封筒に入れ、しっかり糊付けして封印すること、相続人は検認まで遺言書を開封しないこと、これが重要な点です。

 

私の個人ブログの記事「遺言書は「封筒なし」だと無効?封印されていないケースは?開封厳禁の場合」でもより掘り下げて解説しています。宜しければご覧くださいね。

 

あなたの遺言書を専門家が法的チェックします

 

ご遺族の争いを防ぐために遺言書を必ず作成されるべきなのですが、次の点から敷居が高いと言えます。

 

  • 法律(民法)の知識が要求される
  • 些細な不備で遺言全体が無効になる
  • そもそも何を書いたらいいのかわからない

 

このため高額な料金を払って弁護士や司法書士に作成依頼をされる方が多いわけですが、相談料、面談料、交通費、報酬と、10万円を軽く超えることもあります。

 

そこで当事務所では「あなたが作成された遺言書」を格安で法的チェックいたします。

 

 

自筆証書遺言を無効から守るための対策もバッチリ解説しています。


 

 

上記サービスは完成された遺言書の形式上の不備をチェック(添削)するものです。

 

遺言書の作成支援からご希望の方は、下記サービスをご利用ください。

 

 

ご家族の将来のために、第一歩を踏み出すお手伝いをさせていただきます。

page top