【遺言書の書き方】妻に全財産を相続させる(子供のいない夫婦)

【遺言書の書き方】妻に全財産を相続させる(子供のいない夫婦)

 

子供がいない夫婦における、配偶者にすべての財産を相続させる場合の遺言書の文例をご紹介します。

 

遺言書を作られる方へ
遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。
具体的な文例をご覧になる前に、遺言書の要件をご確認いただくと安心です。
自筆証書遺言とは?書き方・要件・訂正方法

 

 

遺言書の書き方:妻に全財産を相続させる(子供なしのケース)

 

全財産を妻に相続させる場合の遺言書の文例をご紹介します。

 

遺言書

 

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

 

第1条

 

遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、遺言者の妻山田花子(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。

 

平成〇年〇月〇日

静岡県浜松市〇区〇〇町××

遺言者 山田太郎 

 

自筆証書遺言の場合、上記の全文が自書されているとお考えください。遺言書の最後に署名して押印します。

 

このとおり、「一切の財産を、〇〇に相続させる」という書き方をします。

 

配偶者に全財産を遺す遺言はどんな場合に有効か

配偶者だけに全財産を遺すという遺言は、どのような場合に有効なのかご説明します。

 

たとえば、被相続人の相続関係が次のとおりだとします。

 

 

上記で、相続人は配偶者と兄弟です。

 

例えばですが、被相続人が生前に兄弟と折り合いが悪かった、疎遠になっていたなどの事情で、遺産を相続させたくないとします。

 

ですが、遺言書を作成しなければ、法定相続人である兄弟は財産を相続する権利があります。これだと、被相続人の意思が尊重されないわけですね。

 

そのために、遺言書でしっかりと、「配偶者に全財産を相続させる」旨を書いておく必要があるのです。

 

こうすれば、被相続人の遺産は兄弟には渡らず、希望どおり配偶者だけに相続させられます。

 

 

なお、被相続人の相続人は誰で、相続分はどれだけかについては、私のブログ「【イラスト解説】法定相続人の範囲と順位、相続分(割合)をわかりやすく!」で詳しく解説しています。そちらもご覧ください。


 

上記の遺言で兄弟から遺留分を請求される心配はない

遺留分とは、被相続人の配偶者、直系卑属、直系尊属に保障される最低限の遺産の取り分をいいます。

 

遺産の全額を配偶者に相続させるとなると、兄弟から遺留分を請求される(遺留分侵害額請求)恐れはないのかと不安になるかもしれませんね。

 

ですが、法律では、第3順位の相続人である兄弟姉妹には、遺留分が保障されていません。

 

したがいまして、兄弟から遺留分を請求される心配はなく、安心して配偶者に全財産を相続させることができます。

 

遺留分とは何か、遺留分の計算方法や侵害額請求のやり方についても知っておくと良いでしょう。

 

法的に有効な遺言書がないと、ご遺族が争いになる理由

 

綺麗事抜きで申し上げますと、相続とはお金の問題なのです。被相続人が生前に遺した財産を相続人が承継します。

 

そして、残念なことにお金の問題は必ず争いや衝突を生みます。これは仕方のないことであり、悪いとまでは申しませんが、できれば避けたいものです。

 

法的に有効な遺言書がないと、次のような流れでほぼ必ず争いが生じます。

 

  1. 遺言がないと相続人で遺産分割協議をすることになる
  2. 遺産分割では誰がどれだけ相続するかで問題(争い)となる
  3. 協議が整わず、調停、審判といった裁判沙汰になることが多い

 

裁判沙汰になっては、家族の絆もなにもあったものではありません。このせいで、家族が絶縁状態になった、という事例を私はいくつも見聞きしております。

 

ですが、被相続人が財産相続について遺言を残していれば、相続人は遺言に従って相続を進めることになり、悲惨な争いを未然に防止できるのです。

 

遺言の専門家として断言いたします。遺言書はまだお元気なうちに、必ず作成するべきです。万が一にもご家族が争わないようにするためです。

 

あなたの遺言書を専門家が法的チェックします

 

ご遺族の争いを防ぐために遺言書を必ず作成されるべきなのですが、次の点から敷居が高いと言えます。

 

  • 法律(民法)の知識が要求される
  • 些細な不備で遺言全体が無効になる
  • そもそも何を書いたらいいのかわからない

 

このため高額な料金を払って弁護士や司法書士に作成依頼をされる方が多いわけですが、相談料、面談料、交通費、報酬と、10万円を軽く超えることもあります。

 

そこで当事務所では「あなたが作成された遺言書」を格安で法的チェックいたします。

 

 

自筆証書遺言を無効から守るための対策もバッチリ解説しています。


 

 

上記サービスは完成された遺言書の形式上の不備をチェック(添削)するものです。

 

遺言書の作成支援からご希望の方は、下記サービスをご利用ください。

 

 

ご家族の将来のために、第一歩を踏み出すお手伝いをさせていただきます。

page top