【遺言書の書き方】妻に全財産を相続させる(子供のいない夫婦)

 

子供がいない夫婦における、配偶者にすべての財産を相続させる場合の遺言書の文例をご紹介します。

 

遺言書を作られる方へ
遺言書の書き方にはルールがあります。形式上の不備があった場合、遺言書が無効となるので注意する必要があります。
具体的な文例をご覧になる前に、遺言書の要件をご確認いただくと安心です。
自筆証書遺言とは?書き方・要件・訂正方法

 

 

遺言書の書き方:妻に全財産を相続させる(子供なしのケース)

 

全財産を妻に相続させる場合の遺言書の文例をご紹介します。

 

遺言書

 

遺言者 山田太郎は、次の通り遺言する。

 

第1条

 

遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、遺言者の妻山田花子(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。

 

平成〇年〇月〇日

静岡県浜松市〇区〇〇町××

遺言者 山田太郎 

 

自筆証書遺言の場合、上記の全文が自書されているとお考えください。遺言書の最後に署名して押印します。

 

このとおり、「一切の財産を、〇〇に相続させる」という書き方をします。

 

配偶者に全財産を遺す遺言はどんな場合に有効か

配偶者だけに全財産を遺すという遺言は、どのような場合に有効なのかご説明します。

 

たとえば、被相続人の相続関係が次のとおりだとします。

 

 

上記で、相続人は配偶者と兄弟です。

 

例えばですが、被相続人が生前に兄弟と折り合いが悪かった、疎遠になっていたなどの事情で、遺産を相続させたくないとします。

 

ですが、遺言書を作成しなければ、法定相続人である兄弟は財産を相続する権利があります。これだと、被相続人の意思が尊重されないわけですね。

 

そのために、遺言書でしっかりと、「配偶者に全財産を相続させる」旨を書いておく必要があるのです。

 

こうすれば、被相続人の遺産は兄弟には渡らず、希望どおり配偶者だけに相続させられます。

 

 

なお、被相続人の相続人は誰で、相続分はどれだけかについては、私のブログ「【イラスト解説】法定相続人の範囲と順位、相続分(割合)をわかりやすく!」で詳しく解説しています。そちらもご覧ください。


 

上記の遺言で兄弟から遺留分を請求される心配はない

遺留分とは、第2順位までの相続人に保障される最低限の遺産の取り分をいいます。

 

遺産の全額を配偶者に相続させるとなると、兄弟から遺留分を請求される(遺留分侵害額請求)恐れはないのかと不安になるかもしれませんね。

 

ですが、法律では、第3順位の相続人である兄弟姉妹には、遺留分が保障されていません。

 

したがいまして、兄弟から遺留分を請求される心配はなく、安心して配偶者に全財産を相続させることができます。

 

遺留分とは何か、遺留分の計算方法や侵害額請求のやり方についても知っておくと良いでしょう。

 

遺言書を安全・確実に作成する支援をいたします

 

上にご紹介した文例は遺言書のほんの一例になります。遺言では様々な行為を行うことができ、それらは全て法律で規定されています。

 

法律知識があれば良いのですが、そうでなければ、遺言内容に不備があり、場合によっては相続人同士で争いになる危険があります。

 

そこで、「遺言書作成の専門相談窓口」では、あなたの遺言書の作成を最初から最後まで支援いたします。

 

遺言書の文案作成から相続人調査まで広くお受けし、遺言書の信憑性を高める工夫もお教えいたします。

 

遺言書を作成して心にゆとりを持ちたい方、大切なご家族の争いを未然に回避したい方は、ぜひ当窓口の遺言作成支援サービスをご利用ください。

 

遺言書の専門家が、あなたの大切な遺言書の作成を丁寧に支援いたします。

 

作成された遺言書のチェックも承ります!

 

ご自分で一から法律のご勉強をされ、遺言書を一通り作成された方へ、大変お疲れさまでした。覚えることが多く、難しかったことと推察いたします。

 

作成されたのが公証人手数料を支払って行う公正証書遺言なら安心ですが、お一人で作成する自筆証書遺言の場合、場合によっては法的要件を満たさず無効となる危険があります。

 

そこで、当窓口では作成された遺言書のチェックを承っております。チェックは次の観点から実施します。

 

  • 遺言書が法的要件を満たしているか
  • 解釈の争いとなり得る記載がないか
  • より好ましい遺言にできないか

 

せっかく一から作成された遺言書が万が一にも無効になってしまうことがないよう、遺言の専門家が一からチェックいたします。チェックした報告書を納品させていただきます。

 

詳細は「遺言書のチェック(全国)」をご覧ください。

トップへ戻る